Skip to content

自動センサーで曇らせる#

自動センサーで快晴に雲を表示する作例です。

レイアウトを作成#

線路、編成、自動センサーを設置します。自動センサーは、列車の進行先に設置してください。

リソース

自動センサーの設定#

センサー

自動センサーを選択して、ツールオプションのプロパティを開きます。 ATS動作からエディタを開きます。

センサー

種類にシステムを、CMDは雲テクスチャの透明度アニメーションを選択します。 Paramは、「100,6000」と入力してください。6秒かけて、雲が100%で表示されます。

雲の設定#

雲

雲0が表示されるように、雲0の表示をチェックします。

合成モードは、減算にします。

雲全体の透明度は、ビュワー起動時に快晴にするため0にします。

試運転#

動作を確認するため、試運転ボタンを押します。列車が自動センサーを通過すると、雲が表示されます。

VIEW

VIEW

アルファ合成#

雲の設定を変更します。

雲

合成モードは、αにします。

試運転で表示を確認します。減算合成より暗くなります。

雲テクスチャーが白っぽい画像のため、減算合成が薄くなっています。リアルなシーンにするには、調整した自作の雲テクスチャーを利用してください。

VIEW

VIEW