コンテンツにスキップ

リリースノート 6.0.0.126#

2019/10/17 06:00 公開

新しい機能#

  • スクリプトのログウィンドウを独立
  • レイアウトファイルのパスを取得する関数。GetLayoutPath()。GetLayoutDir()。
1
2
3
4
5
6
7
8
#LAYOUT
import vrmapi
def vrmevent(obj,ev,param):
    if ev == 'init':
        pt = vrmapi.SYSTEM().GetLayoutPath()
        vrmapi.LOG(pt)
        pt = vrmapi.SYSTEM().GetLayoutDir()
        vrmapi.LOG(pt)
  • 雲レイヤーの表示ON/OFF関数。SetCloudDisp()。GetCloudDisp()。
  • 自動センサーに天候関連の命令を追加
システム命令 パラメータ
太陽位置の設定 経度(-180...180の範囲),緯度(0...180の範囲)
太陽光線の種類 種類,アニメーション時間(ms)
天球テクスチャの読み込み レイヤー,リソースID
天球テクスチャの合成率 比率(0-100)
雲テクスチャの読み込み レイヤー,リソースID
雲テクスチャの合成率 比率(0-100)
雲テクスチャの合成モード レイヤー,合成モード
雲テクスチャの表示ON/OFF レイヤー,表示状態
フォグモード 種類,濃度(0-100),アニメーション時間(ms)

パラメータの詳細は、スクリプトの同等命令のマニュアルをあわせて参照してください。

修正#

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • テクスチャークラウド
  • 編成ファイル(NXバージョン)
  • ミー散乱
  • シャドーマップ

次回以降修正#