Skip to content

設定#

設定#

設定

レイアウトを設定します。

地形を1ミリ#

ビュワーの地形表示を1ミリ下げます。建物、道路などを地形にあわせて配置したときに、ポリゴンが重なるのを防止できます。

起動時操作編成#

ビュワーを起動したときに指定した編成を操作表示対象にします。

地上カメラが機能している場合は、地上カメラが優先されます。

起動時に実行する自動センサー#

ビュワー起動時に実行する自動センサーを指定します。検出列車なしで自動センサーに設定されているコマンドを実行します。

自動センサーを逆方向で実行#

上記で指定した自動センサーを実行するときに逆方向で検出したと仮定して実行します。

システムカメラ#

CAMERA

システムカメラを表示する#

ビュワーをシステムカメラで表示します。

システムカメラの初期値#

FROM-ATの座標とFOVを設定します。座標は、レイアウトの範囲内です。

FOVは、視野の広さです。角度であらわします。初期値は45度です。

フォーカス#

被写界深度についての設定です。0.00001から1.0の範囲でzの値を指定します。 ぼけが生じる範囲を画面に近い方と遠方、それぞれ設定します。焦点外は、完全にぼけがはじまる境界線です。

FOCUS

SSAO#

スクリーンスペースアンビエントオクルージョンの効果を設定します。アンビエントオクルージョンは、物体の表面に届く光線を遮蔽率からもとめて、環境光の陰影をつくります。非常にリアルな効果が得られます。

VRMNXのアンビエントオクルージョンは、遮蔽率ではなく、光線の集中度を計算する全く新しい方式です。既存のアンビエントオクルージョンより正確で格段に少ない計算量で結果が得られます。

SSAO