Skip to content

トミックス規格線路#

株式会社トミーテックの鉄道模型ブランド、トミックスの規格線路は、日本の道床付き線路の事実上の標準規格(デファクトスタンダード)です。簡単なルールを覚えれば、少ない部品種類で複雑なレイアウトが容易に制作できます。

FineTrackについて#

FineTrackは、2002年秋よりリリースが開始された新しいトミックス線路です。バラストが従来より実感的になり、ジョイントの改良など組み立ても容易になっています。FineTrackの線路規格は、旧トミックス線路製品と互換性が維持されています。FineTrackは、部品名に(F)が付与されています。

トミックス規格の詳細については、トミックスカタログを参照してください。

基本規格#

基本複線間隔 37mm
島式プラットホーム複線間隔 55.5mm
基本直線レール長 140mm
高架区間の高さ・橋脚本体の高さ 55mm(水平区間)
線路路盤の高さ 55+13=68mm(単線高架橋の場合)※13mmは高架プレートの厚み

規格

ポイントの数値仕様#

表記半径 角度 直線部分の長さ データ半径 分岐間隔
541 15 140mm 540.91846mm 18.43135mm
280 30 140mm 280.0mm 9.540769mm

データ半径はVRM内部での仕様です。模型製品とは異なります。VRMは、分岐間隔の正確さより角度の正確さを優先して設計されています。

カーブポイントはカーブ区間の一部と、カーブ区間の渡り線の2つの使い方があります。模型製品では両方の使い方ができるように中間の状態で設計されています。手動で配置する必要があります。