コンテンツにスキップ

リリースノート 6.0.0.158#

2020/4/2 15:00 公開

新しい機能#

  • F6キーで操作列車を順次切り替え
  • レイアウトツールなどにクローズボタン
  • 列車の外部視点カメラモードを追加
  • ビュワーの視点マウス操作を変更
  • ユーザー定義のカメラモードを設定可能。その他カメラモード関連のスクリプトを追加
  • スクリプトイベントの多重化

ビュワーの視点マウス操作を変更しました。 グローバル座標系のオフセット操作を、 従来CTRLキー併用で水平移動だったものをSHIFTキー併用で水平移動、CTRLキー併用で上下移動に変更しました。 列車座標系のオフセット操作は変更ありません。

新しいスクリプト#

カメラモード#

列車のカメラモードをユーザー定義できる関数などをスクリプトに追加しました。

  • ListupCameraMode
  • LinkCameraMode
  • GetCameraModeParam
  • CreateUserCameraMode
  • DeleteUserCameraMode

多重イベント対応#

多重イベント対応にあわせて、イベントの設定でuserIDを設定できるようにしました。

param['eventUID']で設定したuserIDを受け取り、イベントを識別してください。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
#OBJID=9
import vrmapi
def vrmevent_9(obj,ev,param):
    if ev == 'init':
        obj.SetEventTime(5,100)
        obj.SetEventTime(12,100)
    elif ev == 'time':
        if param['eventUID'] == 100:
            obj.PlayHorn(0)
        vrmapi.LOG(param['eventUID'])

修正#

  • 局所的に128個以上の部品が集中すると、一部部品が表示されない場合がある
  • VRM5変換ロードの、自動センサーのフィルター変換を修正
  • アプリ終了時のウィンドウサイズ、位置の記録方式をWindows8以降のAPI仕様に対応

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • 自作ストラクチャー(VRMCLOUD)
  • テクスチャークラウド
  • ミー散乱
  • シャドーマップ

次回以降修正#