Skip to content

エミッター#

エミッター#

エミッターを設定します。エミッターは、パーティクイルを生成します。雨、雪、炎などのパーティクルを表示します。

プリセット#

エミッター

プリセットを使うと、簡単にエミッターを設定できます。

炎、煙は、エミッターを発生地点に設置してください。

雨、雪は、上空からエミッターを中心とした範囲で降ります。エミッターを上空に設置してください。(エミッターの高度を固定します。)

エミッターは、レンダリングエンジンの構造の違いからVRM5とは表示に互換性がありません。VRM5作品をロードした場合は、微調整が必要な場合があります。

テクスチャー#

エミッター

パーティクルに使うテクスチャーを指定します。システムに組み込まれているテクスチャーか、リソースに登録している画像を選択できます。

パーティクル基本#

エミッター

エミッター、パーティクルの設定を行います。

パーティクル数#

エミッターが生成できるパーティクルの上限個数を設定します。

パーティクルの個数が増加するとレンダリングに時間がかかります。なるべく少ない個数で設定します。

車両リンク時に速度で調整#

車両にリンクしている場合、車両の速度にあわせて生成数を調整します。停車中は生成されないようになり、スノープラウがかき分ける雪けむりなどが表現できます。

パーティクルサイズ#

パーティクルの大きさを設定します。

表示モード#

パーティクルの表示方法です。ビルボードは、樹木などの表示と同じです。視線スプライトは、視線に対して常に正面を向いています。炎、雪などのパーティクルに使用します。

エミッター

生成平面サイズ#

指定した大きさの平面から生成します。dyは、奥行き方向の大きさです。

生成数#

フレームあたりの生成数または、生成の時間間隔を指定します。生成数が0の場合は、指定した間隔で生成します。

生成場形状#

パーティクルの射出する方向を指定します。一方向を選択した場合は、射出方向にベクトルを設定してください。

地形に沿って配置#

地形にあわせてパーティクルを配置します。

エミッター

合成モード#

パーティクルを表示するときの合成モードを設定します。

パーティクル速度#

エミッター

パーティクルの速度、加速度を設定します。

パーティクル時間#

生存期間#

エミッター

パーティクルの生存期間を設定します。生存期間で基本的な時間を指定します。増加分は、パーティクルの生存期間をランダムに追加します。

透明度#

エミッター

透明度の変化のアニメーションを設定します。

カラー#

エミッター

色の変化のアニメーションを設定します。

拡大縮小#

エミッター

拡大縮小のアニメーションを設定します。

オフセットを指定すると、拡大縮小率にオフセットを加算します。デフォルトは、0.0です。1.0を指定して、拡大縮小率に1.0を指定すると、(1.0+0.0)...(1.0+1.0)の範囲で拡大します。

光源#

エミッター

パーティクルに連動するライトを生成します。ライトは周囲を照らします。

エミッターに連動させた場合は、エミッターの状態にあわせてライトの強弱を制御します。

パーティクルに連動させた場合は、パーティクルの広がりに対してライトを制御します。

炎の場合は、ライトカラーをオレンジにすることで、炎が周囲を照らす状態をつくりだします。

ライトは、ある程度の計算量が必要になります。ライトの個数が多くなるとレンダリングに時間を要します。