Skip to content

ウィンドウ#

鉄道模型シミュレーターNXのウィンドウ構成です。

レイアウター#

レイアウター

メインのウィンドウと部品パレット、レイヤーパレットの3つのウィンドウで構成します。

ツールボックス#

ツールボックス

レイアウト作成のツールを切り替えます。また、製作中のレイアウトの試運転、完成したレイアウトの運転を行います。

部品パレット#

部品パレット

鉄道模型シミュレーターNXに組み込んでいる部品は、部品パレットにリストされます。このパレットから、部品をドラッグ&ドロップして、レイアウトに配置します。

レイヤーパレット#

レイヤーパレット

レイアウトに配置した部品をリストします。

タブ#

タブ

複数のドキュメントを切り替えます。

ツール#

ツール

主な設定は、レイアウトツールで行います。ツールボックスのTOOLSボタンでON/OFFできます。

ビュワー#

ビュワー

運転、試運転で表示される3D画面です。

タイトルバー#

タイトルバー

作品名、列車名、カメラモード、座標を表示します。タイトルバー領域をドラッグするとウィンドウを移動できます。

アイコン#

アイコン

  • タグ:列車など操作対象のタグを画面にON/OFF
  • ウィンドウ:ビュワーのツールウィンドウをON/OFF
  • 縮小化:ウィンドウをアイコン化します
  • 最大化:ウィンドウを最大化します
  • ビュワー終了:ビュワーを終了してレイアウターに戻ります

ツールウィンドウ#

情報(ビュー、デバイス)#

情報

ビューには、レイアウトサイズ、ウィンドウサイズ、カメラ情報(From/At/FOV)を表示します。 デバイスには、フレームレートなどを表示します。

情報(環境、ログ)#

環境

太陽光、フォーカス設定、ログを表示します。

列車#

列車

列車のリストと、アクティブ(運転対象)な編成の直接操作を表示します。

リスト#

リスト

ポイント、ターンテーブルなどのリストを表示します。

タグ#

タグ

タグを表示します。列車のタグをクリックすると対象の編成がアクティブ(運転対象)になります。