コンテンツにスキップ

部品のリプレース#

配置済みの部品を、各種設定をそのままにして別の部品に変換します。

VRM5互換のTOMIXレール、ストラクチャーを使用したレイアウトを読み込み後、NXバージョンのTOMIXレール、ストラクチャーに置き換えるなどできます。

リプレース#

TOMIX部品のリプレース#

鉄道模型シミュレーター5、レイアウターFシリーズで作成したレイアウトを変換する場合は、NXシステムに鉄道模型シミュレーター5-2+(第2号)をアンロックした旧バージョンのトミックス部品を事前に用意します。

NXシステムに組み込まれていない場合は、鉄道模型シミュレーター5-2+(第2号)を用意して、各種販売サイトより鉄道模型シミュレーター5-2+のアンロックをお求めください。アンロックをインストールすると、鉄道模型シミュレーター5-2+の部品がNXシステムで利用可能になります。

組み込まれていないNXバージョンのトミックセット部品がある場合は、一部部品のみ置き換えが実行されます。

旧バージョンのトミックス部品が利用可能な状態でファイルメニューから、トミックス部品を使用したレイアウトを開きます。

VRM5互換部品 旧バージョンのレイアウトプラン

レイアウトメニュー

次に対象になるレイアウトを開いた状態でレイアウトメニューから部品リプレースを選択します。

パターン選択

変換したいパターンのチェックボックスにチェックをつけて、OKボタンを押してください。 変換したいパターンは、複数選択できます。

また、一括変換は、複数のパターンを一度に適用できます。(PCレール優先の場合は、単線レールはPCレールへ、その他にストラクチャー、鉄橋などのルールをまとめて適用します。一括変換を1つだけ選択することで、他のパターンは選択不要になります。)

変換が実行されると、実行結果が表示されます。

実行結果 実行結果

NX部品 NXバージョン部品のレイアウトプラン

リプレースパターンの「バラストレール」は、木枕木の単線レールです。PCレールは、PC枕木の新しい単線レールです。

鉄道模型シミュレーターNXで、VRM5のトミックスレイアウトをロードする場合は、あらかじめ、VRM5 第2号をアンロックして、第2号部品を使用可能にしてください。VRM5 第2号をアンロックした部品は、NX TOMIX部品と共存可能です。VRMONLINE NXの場合は、VRM4のアンロックと各種トミックス部品をアンロックしてください。

組み込まれていない部品がある場合は、変換をスキップします。変換をスキップした部品は、部品が含まれているパッケージを購入後、再度、リプレースすることができます。

コンビニエンスストアは、NXでベースと一体化されました。旧ベース部品は、変換後削除してください。

コンビニエンスストア、ガソリンスタンドの販売終了製品は、現行品に置き換わります。また、一部部品は、置き換え対象外です。

総合ビルなどは、現行品に置き換えます。

部品によっては、再配置が必要な場合があります。

高架駅など駅名板を選択できるようにした部品は、変換後、お好みの駅名板部品を追加してください。

地下階段付きプラットホームは、互換性のある階段一体型部品に変換します。

VRM5の地形部品のトミックス用築堤は、アンロックでNXシステムに導入してください。