Skip to content

はじめてのレイアウト#

VRMNX

レイアウトを作ってから運転まで#

鉄道模型シミュレーターNXは、線路をひいて、列車を走らせるまで、簡単な操作で鉄道模型の世界を楽しむことができます。

新しいレイアウト#

新しいレイアウトをつくります。ファイルメニューから新規レイアウト作成を選択します。

新規レイアウト作成

新しいレイアウトの作成されます。

新しいレイアウト

レールをならべる#

次はレールを並べます。

パーツパレットには、使える部品が並んでいます。左の三角形をクリックすると開いたり、閉じたりできます。

パーツパレットの「レール/直線」の「IMAGICバラスト」から、ストレートレールIS128をドラッグ&ドロップで図面上に配置してください。

レールを配置

ある程度、長くしたいので4本ぐらい並べてみましょう。配置した部品は、ドラッグ&ドロップで移動できます。 レールとレールは、つながります。レールとレールを近づけてドラッグ&ドロップしてください。

レールを配置

編成をつくろう#

列車編成をつくります。編成は、線路に重なるように配置します。

線路をひとつだけクリックして、選択状態(白く表示)にします。選択された線路上で右ボタンを押したままでメニューを表示して、メニューの一番下の編成配置を選択します。

ポップアップメニュー

編成ダイアログが表示されます。

編成ダイアログ

編成ダイアログは、3つのブロックに分かれています。上段が形式の選択、中段が車輌の選択、下段が編成の構成です。最初に上段で形式を選びます。

次に中段で配置したい車輌を選びます。配置したい車輌を下段にドラッグ&ドロップします。任意の位置または最後尾に車輌が追加されます。

編成ダイアログ

編成から不要な車輌を取り除く場合は、下段に配置されている車輌を中段にドラッグ&ドロップします。

OKボタンで編成の作成が完了します。

編成

運転しよう#

さっそく、運転してみましょう。

ツールボックスの運転ボタンで運転開始です。

運転

ビュワーに画面が切り替わります。運転操作は、カーソルキーの上下です。速度が、アップダウンします。カーソルキーの左右は、視点の切り替えです。いくつかの視点が順番に切り替わります。

それでは運転をお楽しみください。

運転

ビュワーの終了は、右上の赤いボタンを押してください。

終了

シミュレーターの終了は、メニューから終了または、ウィンドウのクローズボタンしてください。