Skip to content

NXトンネル#

NXトンネルは、7mmレールにあわせてリリースした新しいトンネルです。既存のアイマジック規格Nゲージレール、新しいい7mmレールと組み合わせて使用します。

VRM5以前の旧トンネル部品とはトンネル形状がことなります。接続できません。

規格#

形状#

単線、複線、3線用があります。3線用は、28mm複線と34mm複線の2種類があります。複線は、28mm複線、34mm複線兼用です。

ポータル#

トンネルの出入り口です。ポータル+トンネル+ポータルを組み合わせてトンネル区間を構成します。ポータルは、コンクリートタイプとレンガタイプの2種類があります。ポータルには、向きがあります。トンネル内が明るい方が、入口側です。

トンネル 単線コンクリートポータル

トンネル 単線レンガポータル

トンネル 複線コンクリートポータル

28mm複線間隔、34mm複線間隔兼用です。

トンネル 3線(28mm複線間隔)コンクリートポータル

トンネル 3線(34mm複線間隔)コンクリートポータル

トンネル#

トンネル本体です。地中に設置します。

トンネル

側壁#

ポータル周辺に配置します。

設置#

1:山に向けて線路設置#

トンネル

山に向かって線路を設置します。

トンネル

山岳地帯に設置する最初の線路は、地形の影響を受けないよう、高度数値入力にチェックをいれます。 y座標は、y,y2ともに0です。

トンネル

線路を選択状態にして、複製で線路をのばしていきます。複製した線路も高度固定になっています。

トンネル

2:ポータル設置#

トンネル

山に線路が突入する箇所にポータルを設置します。

トンネル

ポータルの外側線路の地形を平面ブラシで高度0mmにします。ブラシ形状は、ブラシ半径10mmに設定、平面ブラシの平面高度を0mmにして、オレンジ色で囲まれている箇所の高度を0mmにします。

トンネル

地形に穴をあける箇所が、ポータルの内側に収まるよう、平面ブラシでオレンジ色に囲まれた部分を高度60mmにします。ブラシで設定する高度は、ポータル部品によってことなります。

NXトンネルポータル
単線ポータル(コンクリート) 60mm
単線ポータル(レンガ) 55mm
複線ポータル 60mm
3線ポータル 28mm 65mm
3線ポータル 34mm 70mm

トンネル

ポータル周辺の地形がととのいます。

3:ドリル#

トンネルの入口をふさいでいる地形ポリゴンを除去します。

トンネル

ドリルブラシで、ポリゴンに穴をあけます。

トンネル

4:側壁#

トンネル

建設ツールを選択して、トンネル入り口に側壁を設置します。

側壁は、地形の影響を受けないよう、高度数値入力にチェックをいれます。 y座標は、y,y2ともに0です。

トンネル

5:トンネル#

トンネル

トンネル部品を設置します。地形の影響を受けないよう、高度数値入力にチェックをいれます。 y座標は、y,y2ともに0です。

トンネル