Skip to content

SetCameraEnable()#

SetCameraEnable(cammodeID, fEnable)#

指定のカメラモードの選択可能状態を設定します。選択できるカメラモードを制限できます。

パラメータ#

int cammodeID

カメラモードID

カメラモードについては、VRMTrain概要を参照してください。

VRMTrain概要

bool fEnable

Trueで選択可能

戻り値#

コメント#

指定したカメラモードを選択不可にするとキー操作による切り替え対象外になります。

たとえば、運転台以外のカメラモードをすべてfalseにすると運転台以外を選択できなくなります。 運転シミュレーターなど特定のカメラ以外を選択させたくない場合に設定します。

ユーザー定義のカメラは、設定時にリターンされたIDで指定します。

カメラモードは、最低1つ有効になります。有効なカメラモードが1つの場合は、この関数は処理しません。

サンプル#

10から13のカメラモードを選択不可に変更

1
2
3
4
5
6
7
8
#OBJID=218
import vrmapi
def vrmevent_218(obj,ev,param):
    if ev == 'init':
        obj.SetCameraEnable(10,False)
        obj.SetCameraEnable(11,False)
        obj.SetCameraEnable(12,False)
        obj.SetCameraEnable(13,False)