Skip to content

PushItemWidth()#

PushItemWidth(width)#

この関数以降のguiの表示幅を設定します。

PopItemWidth()を呼び出すことでデフォルトに戻します。

パラメータ#

float width

幅を指定します。

戻り値#

コメント#

サンプル#

1
2
3
4
5
6
        if vrmapi.ImGui().TreeNode("tree1", "Tree-A"):
            vrmapi.ImGui().PushItemWidth(160.0)
            vrmapi.ImGui().InputFloat("f1", "浮動小数点数", fNum)
            vrmapi.ImGui().InputInt("n1", "整数", nNum)
            vrmapi.ImGui().PopItemWidth()
            vrmapi.ImGui().TreePop()