Skip to content

CreateUserCameraMode()#

CreateUserCameraMode(pre_cameraID,name,tag,camera_type,org_type,offset_type,offset_lock,tag_disp,fx, fy, fz,ax, ay, az,fov)#

ユーザーカメラモードを設定します。

パラメータ#

int pre_cameraID

pre_cameraIDで指定したカメラモードの次に追加します。 0の場合は、最初に追加します。

string name

画面に表示される名称

string tag

モードを表すタグ。半角英数字で指定。

int camera_type

カメラの座標系モード

param
0 グローバル空間を基準とするグローバル座標系
1 車両の室内を基準とする室内座標系(車両の回転に追従する)
2 車両の外側を基準とする外部座標系(車両の回転に追従しない)

int org_type

基準点(ターゲット)の種類

param
0 進行方向の運転台
1 最後尾の運転台
2 先頭車両の中央

int offset_type

オフセット操作の種類

param
0 グローバルモード(グローバル座標系でオフセット入力&移動)
1 室内モード(列車の座標系でオフセット入力&移動)

bool offset_lock

オフセット操作をロックする

bool tag_disp

タグの表示

float fx, fy, fz

camera_type fx,fy,fzの設定値
グローバル 0を設定
室内座標系 基準点を原点とするFrom座標
外部座標系 基準点を原点とするFrom座標

float ax, ay, az,

camera_type ax,ay,azの設定値
グローバル 0を設定
室内座標系 基準点を原点とするAt座標
外部座標系 0を設定

float fov

FOV。10以上、220以下

戻り値#

int

生成されたカメラモードのID。この値で、モード指定を行います。

コメント#

ユーザー設定のカメラモードをリストに追加します。

サンプル#

ユーザー設定のカメラモードを生成

1
2
3
4
5
6
#OBJID=218
import vrmapi
def vrmevent_218(obj,ev,param):
    if ev == 'init':
        camid = obj.CreateUserCameraMode(10,"テスト1","tes1",2,0,1,False,True,100,0,-10,0,0,0,50)
        vrmapi.LOG(camid)