Skip to content

SetGamepadButtonEnable()#

SetGamepadButtonEnable(device, btn, fEnable)#

ボタンをスクリプトで専有するか設定します。

パラメータ#

int device

デバイス番号を指定します。0から3です。 ゲームパッドが1つ接続している場合は、0が有効になります。

int btn

ボタンを指定します。下記の値の組み合わせになります。

Button Param
UP 1
DOWN 2
LEFT 4
RIGHT 8
START 0x10
BACK 0x20
LEFT-SHOULDER 0x100
RIGHT-SHOULDER 0x200
A 0x1000
B 0x2000
X 0x4000
Y 0x8000

bool fEnable

Trueでスクリプトで専有します。専有した場合、通常の操作は無効になります。

戻り値#

コメント#

スクリプトでボタンを専有する場合に設定します。専有したときは、システムの通常の操作は反応しなくなります。

ゲームパッドの特定のボタンを無効化する場合にも使用できます。スクリプトでボタンに対する操作処理を実装しなければ、単なる無効化設定になります。

サンプル#

1
        vrmapi.SYSTEM().SetGamepadButtonEnable(0,1,True)