Skip to content

GetCrossing()#

GetCrossing(id)#

指定IDの踏切オブジェクトを取得します。

パラメータ#

int id

オブジェクトID

Note

オブジェクトIDの代わりに部品に設定した名前でも検索できます。

戻り値#

VRMCrossing

踏切オブジェクトのインスタンスを返します。

コメント#

サンプル#

1
crossing = vrmapi.LAYOUT().GetCrossing(1)