Skip to content

VRMSprite#

スプライト#

画面上にスプライト(画像)を表示します。単一のテクスチャー(またはクラスター)をリソースから読み込み、表示します。

VRMLayoutオブジェクトのCreateSprite()関数で生成します。

表示位置指定モード#

スプライトの表示位置は、直接指定と演算指定の2種類があります。いずれか1つを指定できます。

直接指定#

SetPos()で、4つの座標を指定します。

演算指定#

座標をスプライトシステム内部で演算します。

SetOrg(), SetZoom(), SetRotate(), SetTranslate()を組み合わせて指定します。

サンプル#

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
#レイアウトリソースID = 1にテクスチャー画像(256*256)を設定する
#spriteオブジェクトは、global変数に格納
#LAYOUT
import vrmapi
global sprite
def vrmevent(obj,ev,param):
    global sprite
    if ev == 'init':
        sprite = obj.CreateSprite()
        # resource ID = 1のテクスチャーpng画像をload
        sprite.LoadSystemTexture(1)
        obj.SetEventFrame()
#
#中略
#Frameイベントでスプライトを設定
    elif ev == 'frame':
        sprite.SetUV(0,0,256,256)
        sprite.SetPos(10,10,200,10,10,300,200,300)
        sprite.SetSprite()