Skip to content

スクリプト#

スクリプトについて#

鉄道模型シミュレーターNXのスクリプトは、Pythonをベースに鉄道模型シミュレーターNXの機能を利用できるようにしたシステムです。Pyhtonにより、すばやく習得、かんたんにスクリプトを記述できます。

鉄道模型シミュレーターNXで利用できるPythonのバージョンは、3.7です。VRMNXシステムの配布ファイルに含まれています。

鉄道模型シミュレーターNXのビュワー機能にアクセスできるライブラリが組み込まれています。

βテスト#

βテストのスクリプト実装は、暫定的な仕様です。関数名、イベントハンドラーの実装は変更される場合があります。

旧バージョンとの互換性#

関数名、機能は、一部変更されています。

イベントハンドラーは、スクリプト記述開始時に自動的に生成されます。旧バージョンは、イベントハンドラーの登録が必要でしたが、VRMNXでは、自動生成されたイベント判定箇所にコードを追加するだけです。

旧バージョンのレイアウトを変換ロードした場合は、旧バージョンスクリプトを注釈文でスクリプト末尾に追加します。Pythonへの変更するときに参照していただけます。

VRMCLOUD対応について#

未定。