Skip to content

国鉄205系通勤形電車(山手線後期型)#

国鉄205系通勤形電車(山手線後期型) 国鉄205系通勤形電車(山手線後期型)

解説#

205系は、山手線103系の後継として国鉄末期に開発された通勤電車です。次世代の国鉄通勤電車として期待された201系が、製造コストなどの問題から増備の打ち切りに追い込まれたため、赤字の国鉄でも大量増備が行える新形式として開発されました。従来技術の延長でコスト低減が見込める界磁添加励磁制御を採用、ステンレスの車体、ボルスタレス台車などにより軽量でメンテナンスを含むトータルコストも安価にすむ形式として設計されています。

窓構造が新しくなった山手線205系後期型です。6扉車製造前の登場時編成をモデル化しています。

国鉄205系通勤形電車(山手線後期型) 国鉄205系通勤形電車(山手線後期型)

国鉄205系通勤形電車(山手線後期型) 国鉄205系通勤形電車(山手線後期型) 国鉄205系通勤形電車(山手線後期型) 国鉄205系通勤形電車(山手線後期型)

  1. クハ204-34
  2. モハ204-102
  3. モハ205-102
  4. サハ205-68
  5. モハ204-101
  6. モハ205-101
  7. サハ205-67
  8. モハ204-100
  9. モハ205-100
  10. クハ205-34

仕様#

ドア#

ドアを開閉できます。自動センサーを線路上に設置して、ドアの開閉命令を実行してください。また、スクリプトでドアを指定して開閉できます。 乗務員ドアと乗客ドアを開閉できます。