Skip to content

国鉄103系通勤形電車(山手線低運転台)#

国鉄103系通勤形電車(山手線低運転台)

解説#

103系は、通勤電車としてはオーバースペックだった101系の設計を見直し、動力車比率など運用にあわせて低コスト化した形式です。

モデルは、山手線量産初期の低運転台+R窓車両です。量産試作車をベースにした量産前期の形式です。 窓形状、妻面、運転台をモデルリニューアル。 ベンチレーターは、実車図面をベースにポリゴンを新規設計しました。

乗客ドアは開閉対応です。

国鉄103系通勤形電車(山手線低運転台) 国鉄103系通勤形電車(山手線低運転台)

クハ103 制御車
サハ103 付随車
モハ102 電動車
モハ103 電動車

仕様#

オプション#

クハ運転台下部の通気口は、登場時の通気口と改造後の封鎖状態をオプションで選択できます。

ドア#

ドアを開閉できます。自動センサーを線路上に設置して、ドアの開閉命令を実行してください。また、スクリプトでドアを指定して開閉できます。