Skip to content

リリースノート 6.0.0.114#

2019/08/08 16:00 公開

新しい機能#

  • VRM5の編成ファイルのロードに対応しました。 (VRM4時代のコンテナ設定は変換しません。V3以前は対象外です。)
  • コピペ、複製で新しい部品を生成したときに、スクリプトが含まれている場合は、関数名の部品IDを自動で更新します。(#OBJID=000の表記も更新します。関数名の命名ルールからはずれている場合は、更新されません。)
  • レイアウトファイルのロード時に、上記、関数名更新を実行します。(更新情報は、vrmnx_boot.logに記録されます。)

修正#

  • VRM5レイアウトファイル変換の互換性向上(リソース、地形、ヘッドマーク設定の変換)
  • 部品のスクリプトへのリンクが破損している場合の自動修正(vrmnx_boot.logに修正結果を記録します。)
  • ビュワーの樹木、人形のビルボード表示範囲を調整しました。(表示範囲を拡大)

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • テクスチャークラウド
  • 編成ファイル(NXバージョン)

次回以降修正#