Skip to content

リリースノート 6.0.0.105#

2019/07/06 9:00 公開

新しい機能#

  • 大型レイアウトの表示コードを最適化(レイアウターの編集を高速化)

大規模なレイアウトの編集画面を大幅に高速化しました。

部品のテキストは、画面に表示できる文字数に制限があります。制限を超えたテキストは表示されません。

75%未満の拡大率で表示した場合は、テキストを表示しません。

  • 部品単位の非表示フラグを追加(レイヤーの非表示フラグはビュワーに反映しない)
  • 接続されているジョイントに段差がある場合はXを表示
  • 新規レイヤーに名前を設定
  • OSDの表示を調整
  • ビュワーのキー入力をDirectInputに変更
  • ビュワーの最大化チェックボックスを追加(レイアウターのビュー設定)

修正#

  • マーカーが通常運転でも表示されていた
  • フレキシブルレールに編成を展開可能に
  • リソースに登録するファイルの名前が長すぎる場合は警告を表示
  • ATS命令のステータス変換の説明文を修正
  • レイヤーパレットでレイヤーをクリックした場合に表示を移動しないように
  • 高さを固定状態にしても複製で高さがかわる
  • ATS命令の自動停止&自動出発を修正
  • レイヤーが非表示になっていても重なった部品がリストアップされる
  • ロックされているレイヤーにドロップ禁止
  • ショートカットキーの処理をImGuiからイベント処理に変更
  • ビュワーのタイトルバーのフェード処理を除外

  • VRM5レイアウト変換で高架下建物の処理を修正

  • VRM5レイアウト変換で部品の非表示フラグを反映

高架駅を含む場合は、古いビルドでVRM5レイアウト変換機能を使用して読み込んだレイアウトは、このビルドで再度変換してください。

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • テクスチャークラウド
  • 編成ファイル

次回以降修正#