Skip to content

リリースノート 6.0.0.90#

2019/05/28 10:00 公開

新しい機能#

  • 制式レンダリングエンジン(VRMNX-Dレンダリング)公開

VRMNX-Dレンダリングは、新しいタイプのディファードレンダリングエンジンです。従来タイプのDレンダリングと比較して、複雑な空間情報など数倍のデータを扱うことで、鉄道に特化した精緻な映像をレンダリングします。

E5系は新しい専用シェーダーで塗装を再現しています。これにあわせて部品を更新しています。

水面(水面部品、河川部品)は新しい専用シェーダーでフレネル反射を再現しています。これにあわせて部品を更新しています。水面の波紋は、実装検討中です。

シャドウマップ、SSAO、ミー散乱は実装中です。このビルドでは動作しません。

夜間のALPHAパーティクルは、空間の照度が反映されません。(SLの煙など明るく表示される)

2枚以上が重なったガラスは、明るさが2倍以上になって表示されます。(VRMNX-Dレンダリングの構造上の特徴)

  • モーションパスの分解能を4倍にアップ

修正#

  • ビュワーのタグ表示、視野の範囲外は非表示
  • モーションパスをロードしたときに部品のベースノードが追加される
  • ビュワーで自動車のZ回転が適用されない
  • 連結、分割などでPythonが落ちる(Pybind11のエラー)
  • フレキシブル部品の2D表示がZ反転している
  • レイアウトファイルロード時に背景テクスチャーのGUIキャッシュが更新されていない

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • テクスチャークラウド
  • 編成ファイル

次回以降修正#