Skip to content

リリースノート 6.0.0.55#

2019/04/06 20:00 公開

新しい機能#

  • カメラのキー操作、マウス操作に時間管理を追加。フレームレートにあわせたスムーズな動作。
  • 試運転ビュワーにエミッターなどのマーカー表示を追加。エミッター、モーションパスなどの設定を可視化。

修正#

  • ビルボードスプライトのuvを修正
  • 自動速度調整の時間処理を修正(スクリプト、ATSが対象)
  • スクリプトのGetPoint()関数などをPythonの仕様にあわせて変更。

変更対象の関数を使用しているスクリプトは書き換えが必要です。下記が、仕様を変更した関数です。各関数の詳細は、スクリプトマニュアルをご参照ください。


部品共通

int GetStatusDataInt(label)

float GetStatusDataFloat(label)

string GetStatusDataString(label)

list GetPosition()


VRMCar

list GetPosition()

list GetTirePosition(n)

list GetLinkPosition(n)


VRMTrain

list GetPosition()


VRMBell

list GetPosition()


VRMEmitter

list GetPosition()


VRMCamera

list GetPosition()


VRMSystem

SetGlobalCameraPos(list)

list GetGlobalCameraPos()


VRMLayout

int GetStatusDataInt(label)

float GetStatusDataFloat(label)

string GetStatusDataString(label)

SetView(int objid)

SetActive(int objid)

SetViewGlobal(bool fGlobal)

bool IsViewGlobal()

dict GetActive()

dict GetView()

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • テクスチャークラウド
  • エミッターの実装

次回以降修正#

  • 音源部品の音が範囲外から復帰したあとに再生される