Skip to content

リリースノート 6.0.0.25#

2019/01/16 10:00 公開

新しい機能#

  • GetView(),GetActive()を追加
  • GetDict()を追加
  • List系関数を追加
  • ListCrossingGroup()を追加
  • GetTextureDX(),GetTextureDY()を追加
  • 高さ固定設定部品の表示を少し明るく

スクリプトの基本仕様は、このバージョンを基準にします。

クラス定義は、レイアウトのスクリプトに記述します。

initイベントは、レイアウト>部品の順番に発生します。

部品オブジェクト、スプライト、レイアウトには、内部にdict形式のユーザー領域を用意しています。 オブジェクトにユーザー定義の設定値を保存できます。 GetDict()で領域を参照します。

レイアウトのList系関数は、指定種類の部品オブジェクトをすべてリストします。 編成オブジェクトは、分割、連結で増減するため、必要なときにリスト関数を実行してください。 編成オブジェクト以外は増減しません。 リストされた部品オブジェクトすべてにスクリプトが記述されているとは限らないことに注意してください。

スレッドを生成する場合は、レイアウトにFrameイベントが発生するようにしてください。 FrameイベントによってPythonのインタープリタを駆動します。

修正#

  • 車両テクスチャー修正(ダイアログが開けない)
  • スクリプトのスプライトのuv計算を修正
  • 編成のスクリプトのリンクミスを修正(キーボードイベント関数などが欠落)
  • ラベルの色を変更すると他のテキスト表示の色がかわる
  • 地形ツールで一部ショートカットが機能しない

実装予定項目#

次回以降の更新で実装予定です。

  • テクスチャークラウド
  • 地形のブラシ形状をリアルタイムで更新

次回以降修正#

  • 音源部品の音が範囲外から復帰したあとに再生される